厄年

厄年の年齢/男と女の違い

厄年とは、文字どおり「災厄」に見舞われやすいとされている時期・年齢のことです。

厄年という概念は、平安時代の頃には存在していたとされていますが、社会一般に広まっていったのは、江戸時代の頃とされています。

厄年は、肉体的にも精神的にも変化が大きくなることが多いといわれていて、普段より慎んで過ごすのが良いとされています。

男女で異なる厄年の年齢

一般的に厄年は、「本厄」にあたる年とその前後の年(「前厄」「後厄」)をあわせた3年間続くとされていますが、中でも本厄が一番災厄に遭遇しやすいとされています。

厄年が3年間とされているのは、九星気学で、運気の悪い年(=本厄)は、その前後(=前厄、後厄)の年にも影響を及ぼすと考えられているからだといわれています。

この厄年の中心となる運気の悪い「本厄」の年齢は、男女で異なっています。

男性の本厄:25歳、42歳、61歳

女性の本厄:19歳、33歳、37歳、61歳

中でも、男性の42歳、女性の33歳は「大厄」と呼ばれ、特に注意が必要な年とされています。

男性の厄年

本厄に前厄と後厄を含めた男性の厄年は、次のとおりです。

・前厄24歳、本厄25歳、後厄26歳
・前厄41歳、本厄42歳、後厄43歳
・前厄60歳、本厄61歳、後厄62歳

男性の厄年の意味

・25歳:社会に出て働き始め、無理をすることも多くなる時期
・42歳:働き盛りで、社会ではそれなりの地位につくことが多く、それに伴って責任も重くなり、ストレスや疲労などが溜まりやすくなる時期(語呂合わせ(42→死に))
・61歳:定年を迎えて仕事をリタイヤすることも多く、生活環境や経済面での変化が起こりやすい時期(第二の人生の始まり)

女性の厄年

本厄に前厄と後厄を含めた女性の厄年は、次のとおりです。

・前厄18歳、本厄19歳、後厄20歳
・前厄32歳、本厄33歳、後厄34歳
・前厄36歳、本厄37歳、後厄38歳
・前厄60歳、本厄61歳、後厄62歳

女性の厄年の意味

・19歳:結婚や出産の多い時期(昔は、この時期の結婚・出産が多かった)
・33歳:子育てに忙しい時期(語呂合わせ(33→散々))
・37歳:子育てに一区切りがつく時期
・61歳:閉経など体調の変化が現れやすい時期

厄年の年齢は数え年

厄年は、古くからの風習として受け継がれてきているので、厄年の年齢も、満年齢ではなく「数え年」が使われます。

数え年は、今ではほとんど使われることはありませんが、昔の年齢の数え方は、この「数え年」が一般的でした。

数え年での年齢は、生まれた日に1歳となり、その後は、毎年1月1日に1歳ずつ年が加えられていきます。

例えば、2018年12月1日に生れた人ならば、

2018年12月1日:1歳
2019年1月1日:2歳
2020年1月1日:3歳
2021年1月1日:4歳

というような年のとり方をすることになります。

生まれた1ヵ月には、2歳になるというわけです。

「数え年」と「満年齢」

現在の年齢は「満年齢」なので、厄年の時期を知るためには、「満年齢」を「数え年」に換算する必要があります。

換算する方法は次のとおりです。

・その年の誕生日が来る前 : 数え年 = 満年齢 + 2歳

・その年の誕生日が来た後 : 数え年 = 満年齢 + 1歳

例えば、上記の2018年12月1日生れの場合は、

2019年10月1日(誕生日前)なら、数え年=0歳+2歳=2歳
2019年12月20日(誕生日後)なら、数え年=1歳+1歳=2歳

ということになります。

厄年の始まりと終わり

厄年は、数え年が基本になっていて、毎年1月1日に1歳年をとるので、「厄年は1月1日に始まって12月31日に終わる」というのが、一般的とされています。

ただ、「厄年は立春に始まって翌年の節分(立春の前日)に終わる」とされる場合もあります。

これは、旧暦では、1年の始まりが立春であったことがその理由のようです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする